Introduction

2018年オーストラリア・アカデミー賞9部門ノミネート!
マルチ俳優サイモン・ベイカーが監督・脚本・主演!
彼が見出した美少年たちと織りなすサーフ・ドラマ

美しき少年たちの儚くも輝かしい夏の記憶

オーストラリアで大ヒット!5週連続TOP10を記録
T・ウィントンが描いた伝説のサーフ文学を映画化!

オーストラリアで最も栄誉あるマイルズ・フランクリン文学賞を受賞したティム・ウィントンによる自伝的小説「ブレス」を、『プラダを着た悪魔』(06)や、TVドラマ「メンタリスト」(08-15)で第61回エミー賞主演男優賞にノミネートされた人気俳優サイモン・ベイカーが主演&初監督を務め映画化。実際にサーファーである2人の少年をメインキャストに抜擢し、初演技とは思えない存在感を示すことに成功。姿を印象的に演じている。『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』(17)などに出演するエリザベス・デビッキが少年たちを翻弄させる女性として登場。才人サイモン・ベイカーが、原作に惚れ込んで取り組んだ、みずみずしい魅力にあふれた大ヒット作。

Story

スリルを求めて出会ったサーフィンが、少年たちを成長させていく

70年代、オーストラリア西南部の小さな街。正反対な性格の少年パイクレットと友人ルーニーは、刺激を求めて冒険に明け暮れる日々を送っていた。ある日彼らは、ミステリアスな雰囲気を漂わせるサンドーと出会い、サーフィンを教えてもらう。サンドーはかつて名を馳せた伝説のサーファーで、連日のように少年たちを海にいざなう。そのスリルや魅力にのめり込んでいき、少年たちはいつしかサンドーを人生の師と仰ぐようになる。

彼らは次々に大きな波に挑戦していくが、友人だったパイクレットとルーニーは、成長するとともに強いライバル心を燃やすようになっていく。そんな折、パイクレットはある出来事によって、サンド―と対峙し自分の生き方を見つめるようになる…。