安倍晋三元首相の国葬費用はどのくらい?全額『国費』には賛否の声

スポンサーリンク

2022年7月14日、政府は安倍晋三元首相の「国葬」を営むと決めました。費用は全額を国費で負担する方向ですが、2022年現在は国葬の対象者や実施要領を明文化した法令はありません。

『国費』という事は、私たちが納めている税金から支払われるという事です。国葬にかかる費用がどのくらいなのか気になりますよね。

また、史上最長の首相在職日数を記録した安倍氏とはいえ、国費を使う事に世間では賛否が分かれています。

そこで今回は安倍晋三元首相の国葬について

  • 国葬費用はどのくらいかかるのか
  • 全額『国費』には賛否の声

この2つについてお伝えしていきます。

それでは本題に入っていきましょう。

スポンサーリンク
目次

安倍晋三元首相の国葬費用はどのくらい

安倍晋三元首相の国葬費用がどのくらいかかるのかは、現時点(2022年7月)では公表されていません。

歴代首相経験者の『国葬』で全額国費で執り行われるのは、1967年の吉田茂氏以来となり世間から注目されています。主な歴代首相経験者の国葬、合同葬の費用を見てみましょう。

名前葬儀のの種類葬儀の費用費用のうち国費(税金)
1962年吉田茂国葬1810万円1810万円
1995年福田赳夫合同葬1億4700万円7350万円
2000年小渕恵三合同葬1億5100万円7550万円
2004年鈴木善幸合同葬1億900万円5450万円
2006年橋本龍太郎合同葬1億5400万円7700万円
2007年宮沢喜一合同葬1億5400万円7700万円
2020年中曽根康弘合同葬1億9300万円9650万円

葬儀(国葬)にかかった費用は、1962年の吉田茂氏の時を除き大体1億5000万円位。国費(税金)で見てみると、7500万円程です。

ですが、直近の2020年に執り行われた中曽根康弘氏の合同葬の費用は1億9300万円。国費(税金)は9650万円使われています。

2022年現在は円安が進み、コロナウィルス感染症の影響もあって物価も上がっている事から葬儀の費用もこれより高くなるんじゃないかと予想できます。

国葬費用は2億円を超えるかもしれませんね。そうしたら国費(税金は)1億円を超える事となります!

スポンサーリンク

安倍晋三元首相の国葬全額『国費』には賛否の声

安倍晋三元首相は2022年7月8日に突然の凶弾に倒れ帰らぬ人となりました。告別式、葬儀はすぐに執り行われましたが、『国葬』を実施する方針で検討すると政府が発表し世間は注目していました。

首相経験者の葬儀は、大平正芳氏が在職中に死亡した際の「内閣・自民党合同葬」が現在まで原則踏襲されてきました。今回、安倍晋三さんが国葬になったのは異例と言えます。

国葬に賛成・反対の声多数

国葬は、全額国費からの歳出になるために世間の関心も高く、国葬に対しても賛否の声が多く上がっています。

Twitterの声を見てみましょう。

国葬に反対の声

出典:Twitter

森本毅郎さん「安倍さんの国葬について、もの凄い数のメールが来ましたが、反対が95%でした。中には『ホテルニューオータニでやれば5000円で済むだろ。サントリーも無料で酒を出すし』という意見もありました(笑)」(TBSラジオ「スタンバイ」7月15日)

引用元:Twitter
出典:Twitter

国葬反対です。 国がやるべきことは、安倍内閣の時の数々の疑惑に対して、きちんと事実を明らかにすることだし、宗教との関係もきちんと公にしてほしいです。

引用元:Twitter
出典:Twitter

安倍さんが本当に弱者に寄り添い、国民の幸せを望んでいたのなら、このご時世に多額の税金、全額国費で国葬を行うことには反対なはずでしょ。

引用元:Twitter
出典:Twitter

そもそも国葬にする必然性の理由が十分に説明されておらず、国会審議も経ていない。 あまりにも不透明でいい加減な決定プロセスはむしろ冒涜。 自民党が勝手に決めるなら、自民党葬で十分です。

引用元:Twitter

国葬に賛成の声

出典:Twitter

今の美しい国日本があるのは偉大なる安倍元総理のおかげ 税金を惜しみなく投入して国葬にするべきだと思う 普通の日本人なら賛成するはず

引用元:Twitter
出典:Twitter

安倍元総理の葬儀が行われている増上寺前は、凄い人、人、人。 岸田総理@kantei は、国民の思いを踏みにじったらどれほど重大な事態になるかも考えるべきだ。

引用元:Twitter
出典:Twitter

国葬で送らずにいたら、世界から顰蹙を買うよ。 こんなにも世界の指導者から尊敬を集める政治家は、憲政史上前代未聞でしょう。 反対してる連中の見識を疑うよ。

引用元:Twitter
出典:Twitter

国葬って結構外交的な意味合いが大きいのではと思う。 賛成ですけどね。

出典:Twitter
出典:Twitter

持病を抱えながらの政治活動の最中に不慮の死を遂げた安倍元首相。 政治信条はどうあれ日本国民として国葬にした方がいいと思うおいらです。 岸田首相には「前例が無い」とかを理由にして欲しく無いです。

引用元:Twitter

ひろゆき氏、カズレーザー氏は持論も展開

賛成、反対の意見が飛び交う中、実業家のひろゆき氏とお笑いコンビ「メイプル超合金」のカズレーザー氏が持論を展開しています。

ひろゆき氏の持論

国葬には賛成の意見を表明していたひろゆき氏ですが、是非の価値観抜きの持論をSNSで投稿しています。

出典:Twitter

安倍元首相の国葬の是非の価値観は置いといてコスパは良いです。 岸田首相が外国首脳と会談すると、政府専用機、随行職員の滞在等の費用は、1国当たり1億円以上掛かります。 多数の外国要人が来日してくれて費用が掛からず、さらに宿泊・滞在費を日本に落としてくれます。

引用元:Twitter

外交の場としてとらえ、首脳会談なら外国要人を日本に招くのはお金がかかるとし、経済効果が得られるので「コスパがいい」との事です。

カズレーザー氏の持論

一方でカズレーザー氏はフジテレビの情報番組「めざまし8(エイト)」にコメンテーターとして出演。岸田文雄首相が14日の記者会見で、安倍晋三元首相の葬儀について、秋に「国葬」として実施すると発表したことに言及しました。

カズレーザーは「立派な葬儀があっていいとは思うんですけど、全額国費という点が議論になるのかなと思いますね。国民から理解は得やすい状況だとは思うんですけど、例えば自分の納めている税金が誰かの死を悼むために納めているものだっていう理解できない人もいると思うんです。そうは思っていない人もいると思うし」と話した。

引用元:yahooニュース

さらにこう語っています。

そのうえで「やっぱり国葬っていう形でやるのは分かんないですけど、有志からお金をもっと募ってもいいのではないかと思いますね。今、自民党は凄い強いんで、協力したいって人はいるでしょうし。あとはこんだけ出資しましたっていう話題づくりをしてくれる人が出てくるのかも知れないし、どちらにせよ国費からの負担が減るんであれば他の出どころは複数あっていいと思うんですけれども、問題なのは国民からの理解だっていう点だと思うんですよね」と指摘した。

引用元:yahooニュース

そして、最後にこう締めくくっています。

そして「今の政府の置かれている状況っていうのは、政教分離と真逆の点が問題になっている、疑われているということなので、やはり社会通念に反している特定宗教に対する規制を進めるというのを同時にやらないと、それを同時に進めるのが国民からの理解を一番得られるものだし、それを進めないと、こういう葬儀に禍根を残すんじゃないかなと思いますね」と考えを話した。

引用元:yahooニュース

『国民の理解』という観点での持論を展開しました。

国葬に反対の意見も多い中、国民の理解をいかに得られる対応ができるか。岸田政権の手腕も問われるという事ですね。

スポンサーリンク

まとめ

今回は突然の凶弾に倒れてしまった安倍晋三首相のこくそうについて、「国葬にかかる国費」と「賛成、反対の声」についてお伝えしました。

『国葬』することを決めた岸田政権。いまだ国民の賛否が大きく分かれる中、葬儀(国葬)開催までどんな手腕を発揮してくれるのでしょうか。

今後の展開に注目していきましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次