【平野紫耀】演技うまいのは身体の表現力!驚異の天才エピソード!

スポンサーリンク

King & Princeのメンバー平野紫耀(ひらのしょう)さんの『演技がうまい』のは、ファンの間では周知の事実。天然キャラとのギャップで『無敵』『天才』とも言われています。

2022年10月スタートの金曜10時ドラマ『クロサギ』の主演も決まり、持ち前の表現力が期待されます。

そんな平野紫耀さんの演技力は、身体の表現力にあると評価する声もあります。それに、主人公キャラが天性の才能である事を示した『天才エピソード』も。

そこで今回は、King & Princeのメンバー平野紫耀さんについて、

  • 演技うまいのは身体の表現力
  • 驚異の天才エピソード

この2つに注目してお伝えしていきます。

それではさっそく本題に入っていきましょう。

スポンサーリンク
目次

【平野紫耀】演技うまいのは身体の表現力

平野紫耀演技うまい1

平野紫耀さんの演技がうまい理由は、表情だけでなく、『身体の表現力』にあると言えます。

その事を示す、プロの評価を見つけました。

プロの評価

元宝塚歌劇団男役で、フリーの演出家・俳優の秋草瑠衣子(あきくさ・るいこ)さんが、平野紫耀さんの演技を評価しています。

痛々しいシーンがうまい

平野紫耀演技うまい2

秋草氏 “バスケットボールが頭に当たる”“得点盤に頭を打つ”のほかにも、“玄関の棚に頭を打つ”“公園のベンチに弁慶の泣き所を打つ”……など、ドラマの前半では痛々しいシーンが何度も出てきましたが、平野さんは体の「どこ」に、「どれほどの強さ」で、「どんな固さ」のものが当たったのかが、うまく表現できています。

引用元:cyzo women

痛々しいシーンでは、事細かな表現ができている事を評価しています。

平野さんは身体を動かすのが好きで、怪我の多い子供時代を過ごしていたようです。

こうした表現ができるのは、『本当の痛みを知っているから』なのかもしれませんね。

顔力がある

平野紫耀演技うまい3

総評:顔だけでなく“肩から胸”辺りでの表現が多い

秋草氏 平野さんは顔のパーツの一つひとつがはっきりしているので、表情の変化がわかりやすいのですが、そのご自分の表情の特徴を自覚して、うまく使えていると思いました。前回、解説させていただいた岸(優太)さんは“目力や瞳の奥のお芝居”で、今回の平野さんは“顔力”とでも言いましょうか(笑)。

引用元:cyzo women

『顔の動き』も、『身体の動き』の1つですよね。

自分の特徴を理解して上手く表情を作る。簡単なことではありませんよね。

平野さんは『顔力』を活かした演技が表現力の秘訣なようです。

上半身の演技がうまい

平野さんの表現は、“肩から胸の辺り”もよく使われている印象があります。緊張した時に肩が硬くなり“いかり肩”に見えたり、力が抜けた時などは肩の力が抜けて“なで肩”に見えたり、情けないシーンの時は思いきり“猫背”になるなど、表情だけではなく上半身を使った表現が多いように思います。

引用元:cyzo women

表情だけで演じるのではなく、上半身全体を使って演じる事で、その役柄をわかりやすく表現しているという事ですね。

なで肩に見えたり、猫背に見えたり、そう見させる事ができるのは、表現力が非常に高い表れと言えます。

評価した人
秋草瑠衣子(あきくさ・るいこ)
元宝塚歌劇団男役。フリーの演出家・俳優。2017年文化庁新進芸術家海外研修制度に選出され、パリにて演劇教育についての研修に励む。エイベックス・アーティストアカデミーシアター総合コースディレクター。

平野紫耀さんの演技がうまい事は、ファンの間だけでなく、見た人の多くから高い評価を受けています。

スポンサーリンク

世間の評価

出典:Twitter

平野紫耀さんの演技力について、世間での評価を見ていきましょう。

紫耀くんって演技もダンスも歌もすごく上手だし、ジャニーズだな~かっこいいな~って思うけど、話し出すとめちゃくちゃボケボケしててかわいい♪ どっきりも掛けられること多めだけど、それでまた好きになっちゃうよね
@harukakirakira

King & Prince 平野紫耀 かっこいい容姿と、天然で不思議な話をするところが面白くて魅力的で、とても好きです。また、演技をすれば、ちゃんと演技力もあるところが良いです。
@xBIarP2XoEtWh9q

時代劇の主人公殺陣上手
回し跳び蹴り2段階華麗さ高さ 表情表現力すごいなぁ 短編映画
陽キャラ陰キャラ二重人格の役演じたらすごいだろうなぁ ダンス表現力の上手さ身体能力の高さ演技力高いはずだよねぇ 身体だけじゃない繊細な表情の振り幅もすごい人だなぁ
@Super_HERO129

殺陣短時間でこれだけ習得出来たのはホント見事だね しょうくんの場面見て想ったのはやはり見せ方の上手さおそらく瞬時にその場に入り込む力が凄いんだろうな息遣いまで計算されていてこの人はやっぱり違うなと思った演技の仕事ももっと場数踏めば上へ上へ行けるのに勿体無い
@9zznuV053Y3RRV2

3位 #平野紫耀
喜怒哀楽を表現するのが上手で、目線や表情などの細やかな演技にいつも惹きつけられますよね。こんなに俳優として魅力的なのに、実はまだそんなに出演作が多くないということに驚き!
@shou_nami

身体能力もさることながら、動きの繊細さや表情、見せ方への評価が多いです。

やはり、身体の表現力が目立つようですね。

一方で、演技が下手との声も。

平野くんかっこいいのに演技下手で可愛いから結果平野紫耀しか勝たんです
@sonoutimodosu

しょうくん顔かっこいーし、歌もダンスも上手いけど芝居しない方がいい
@labo_enomotop

平野紫耀さん、個人的には演技下手に見えてしまうんですが…(サンプル:実写版かぐや様は告らせたい)
@bynn_chapu

具体的な指摘はないものの、演技が下手だと見える人もいるようです。見る人によって評価のレベルも様々ですから、求めているレベルにはまだ達していないという事でしょう。

平野紫耀さんは、自身のグループではリーダー。「クロサギ」では主人公に抜擢され、『主人公キャラ』は天性のものであるとも言われていて、『天才』と表現する声もあります。

スポンサーリンク

【平野紫耀】驚異の天才エピソード!

平野紫耀演技うまい4

平野紫耀さんが『主人公キャラ』である事を証明した『天才エピソード』を見つけました。

それは、King&Princeの冠番組『King & Princeる。』(日本テレビ系)での一幕で起こりました。

中でももっとも盛り上がりを見せたのは瓦割り。15枚の瓦のうち、何枚割れたのか競う企画で、優勝候補となっていたのは空手で黒帯の所持者である神宮寺勇太だ。
1番手の高橋海人、2番手の永瀬廉はともに10枚に終わり、3番手の岸優太は「打つ瞬間にチカラを抜く」というイチローメソッドを利用したところ、9枚という結果に
そして4番手の平野は、経験者の神宮寺と同じやり方で闘っても「意味ないのかな」と言い出し、手練れが使う「寸勁」という技で瓦を割ることに。これは、瓦の真上に拳を構え、そのまま一直線に拳を下ろして割るという技で、拳を加速する距離が短いため、収録現場にいる先生すらできない難技。
しかし、平野は見よう見まねにもかかわらず、一発で15枚の瓦割りに成功。神宮寺はあんぐりと口を開け、平野は自身の結果に「怖い! 怖い! 怖い!」を戦慄したように逃げ惑っていた。

一方、現場に同行していたアンタッチャブル・山崎弘也は「カッコイイ!」と大絶賛。「こんなことあるんですか?」と聞かれた先生は、「やばいですね、バケモノの子ですね」と才能を評価し、MCの劇団ひとりは「漫画の主人公だね、君は」と感嘆したように呟いていた。

引用元:cyzo women
出典:Twitter

素人にもかかわらず、見せ場で見事に成功して1位になるところは、狙ってできる事ではありませんよね。

MCの劇団ひとりさんが言った、「漫画の主人公だね、君は」という言葉。まさにその言葉を証明したような出来事でした。

運が味方をするとは言いますが、平野さんは運命が味方をしているようですね。正に、『天才』。主人公の星のもとに生まれてきたのでしょう。

今回は、King&Princeの平野紫耀さんの演技がうまい理由と天才エピソードに注目してお伝えしました。

まだまだ演技での出演は少ない平野紫耀さん。『クロサギ』での演技に期待が高まります。

アイドル活動だけでなく、バラエティや俳優業など、どんどん活躍の場を広げていく事でしょう。

今後の活躍から目が離せません。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次