【悲報】アントニオ猪木の死因は心不全!難病で症状や余命は?

スポンサーリンク

2022年10月1日、元プロレスラーのアントニオ猪木(本名:猪木寛至=いのきかんじ)さんが死去した事が報じられ、世間に衝撃と悲しみが広がりました。

アントニオ猪木さんは難病を患い、闘病中だった事もあり、死因病気について気になります。

そこで今回は、アントニオ猪木さんについて、

  • 死因は心不全
  • 指定難病で症状や余命は

この2つに注目してお伝えしていきます。

それではさっそく本題に入っていきましょう。

スポンサーリンク
目次

アントニオ猪木の死因は心不全

アントニオ猪木さんの死因は、心不全です。

この事は、ニュースサイトで報じられました。

アントニオ猪木氏 心不全で死去 1日7時40分に旅立つ 「最強の敵」難病と闘う

元プロレスラーで、元参議院議員の“燃える闘魂”アントニオ猪木(あんとにおいのき、本名・猪木寛至=いのき・かんじ=)さんが1日7時40分、心不全により死去した。79歳だった。横浜市出身。

引用元:yahoo!ニュース

アントニオ猪木さんが亡くなった直接の原因(死因)は、「心不全」ですが、これは病名ではありません

「心不全」になった原因は何でしょうか。

心不全とは
死亡原因としてよく目にする「心不全」は、病気の名前ではありません
心不全とは、心臓に何らかの異常があり、心臓のポンプ機能が低下して、全身の臓器が必要とする血液を十分に送り出せなくなった状態をいいます。心臓は無理して血液を送り出そうとしますが、こうした状態が続くと、心臓はやがて疲れて、バテてしまいます。このように、心不全はひとつの病気ではなく、心臓のさまざまな病気(心筋梗塞、弁膜症、心筋症など)や高血圧などにより負担がかかった状態が最終的に至る”症候群“なのです。

アントニオ猪木さんは、指定難病である「全身性アミロイドーシス」を患っていました。

訃報を伝えたニュースでは、この「全身性アミロイドーシス」を取り上げています。アントニオ猪木さんの死因と関係するのか症状余命が気になります。

次から見ていきましょう。

全身性アミロイドーシスとは
全身性アミロイドーシス(amyloidosis)は、線維構造をもつ蛋白質であるアミロイドが、全身臓器に沈着することによって機能障害を引き起こす一連の疾患群である。

スポンサーリンク

アントニオ猪木は指定難病で症状や余命は?

アントニオ猪木の死因1

結論から言うと、アントニオ猪木さんの死因の心不全と、「全身性アミロイドーシス」の関連性については情報が出ていませんので、不明です。

調査したところ、ニュースサイトでアントニオ猪木さんの死因について「全身性アミロイドーシス」が取り上げられるのは、症状や余命が関係していそうです。

全身性アミロイドーシスの症状

全身性アミロイドーシスの主な症状について下にまとめました。

全身性アミロイドーシスの「症状」
  • 心不全
  • 不整脈
  • 腎不全
  • 蛋白尿
  • 手足の麻痺
  • 立ちくらみ
  • 排尿の異常
  • 下痢

全身性アミロイドーシス」を患うと、様々な症状が出るようです。これは、病名にもあるように、全身のあらゆる臓器に障害が起こりうる病気だからのようです。

全身性アミロイドーシスの症状は多岐にわたる点が特徴です。それは、全身のあらゆる臓器に障害が発生しうる病気であるからです。たとえば、心臓の機能に障害が起こる心不全不整脈が発生することもありますし、腎臓の障害による腎不全蛋白尿末梢神経や自律神経の障害によって手足の麻痺立ちくらみ排尿の異常下痢などが起こることもあります。

引用元:Medical Note

症状は多岐にわたるようですが、中でも心不全がかなり多いとの情報もあります。

なかでも、初期症状として心不全がかなり多いことがわかっています。また、手足に麻痺などが生じる末梢神経障害を起こす患者さんも非常に多いことが明らかになっています。

引用元:Medical Note

アントニオ猪木さんも、この病気による心不全の症状が出ていたのかもしれません

全身性アミロイドーシスの余命

「全身性アミロイドーシス」余命は、「早くて数年」との情報があります。

人により進行が違う事や、治療の有無で差が出るようです。

特に全身性アミロイドーシスの多くは先に述べたような適切な治療を受けなければ、徐々に症状は進行していきます。進行が速い場合は、発病後数年で死に至ることもあります。

引用元:Medical Note

アントニオ猪木さんの病名が報道されたのは、2020 年7月に「心アミロイドーシス」を患っている事を公表しました。それから約2年での訃報となりました。

このように、アントニオ猪木さんが闘病していた病気が「全身性アミロイドーシス」であった事と、症状や余命から、ニュースサイトで取り上げられたのでしょう。

情報が入り次第、追記したいと思います。

今回は、アントニオ猪木さんの訃報について、死因病気に注目してお伝えしました。

闘病生活で入退院を繰り返しながらも、精力的に活動を続けていたアントニオ猪木さん。

ご冥福をお祈りいたします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次