北村克哉の死因はステロイドやワクチン?過去にドーピング違反していた!

北村克哉の死因
スポンサーリンク

2022年10月14日、元プロレスラーボディビルダー北村克哉さんが急死した事が報じられました。

36歳の若さでの急死であり、その死因について「ステロイド」や「ワクチン」との憶測も上がっていて気になります。

そこで今回は、北村克哉さんについて、

  • 死因はステロイドやワクチン?
  • 過去にドーピング違反していた

この2つに注目してお伝えしていきます。

それではさっそく本題に入っていきましょう。

スポンサーリンク
目次

北村克哉の死因はステロイドやワクチン?

北村克哉の死因1

ニュースサイトによると、北村克哉さんの死因は「不明」です10月14日現在、死因についての確かな情報は出ていません。

元新日本プロレスのプロレスラーでボディ―ビルダーの北村克哉さんが12日に死去していたことが本紙の取材で明らかになった。死因は不明。36歳だった。
関係者によると北村さんは同日に体調に異変を感じ、自ら救急車を呼んで病院へ。その後に容体が急変したという。

体調に異変を感じ、自ら救急車を呼んで病院へ。その後に容体が急変した」との事です。自ら救急車を呼ぶ状況だった事から、急に深刻な体調の変化があったのかもしれません。

北村克哉さんは36歳の若さでの急死となってしまいました。若くしての急死である事から、北村克哉さんの死因について様々な憶測が飛び交っています。

北村克哉さんの死因はステロイドだろうね。 ああいう違和感のある筋肉はステロイドで間違いない。 ゲイにもサプリ感覚でステロイドやってる人も多いからな… ちゃんと公表して、ステロイドは危険だと知らせるべきだと思うな。@Guff712743231

北村克哉さん、亡くなる前日にピーターアーツと会った投稿が最後か。死因がワクチンだのステロイドの副作用だのと、憶測も飛び交っている。 格闘技でもドーピング発覚した選手、疑惑の強かった選手は若くして亡くなったり、引退後も後遺症に苦しんで手術を繰り返していたりするから、RIZINも規制必要。@f8gDUxHuOeOsyAA

プロレスラーの死亡でステロイドが死因じゃねえの?って訃報がまあまああったからクロの北村克哉さんの死因もまずステロイドが原因やろって思うのしゃあないよね。@bot555bot555

死因は不明のようですね。 ご冥福をお祈りいたします。 このような筋肉マンさんに言いたいのは、プロテインは危険ですということ。@candra_sapporo

ええ~?!死因は不明?まだ若いのに。治験中の新薬は絡んでないの?とどうしても疑ってしまう。@zfhHTHp8j6m01nt

死因はわからないが松田直樹やカメルーン代表のフォエのような心臓の疾患の可能性もありそう。まだ若いのに気の毒だな……@yazakiryuza

死因不明って… ワクチン打ってるか打ってないかが大事じゃないんですか@sookyoung0528

死因はステロイドだろう」、「ステロイドが原因やろって思うのしゃあないよね」と、ステロイドの摂取を予測する声や、「治験中の新薬は絡んでないの?」、「ワクチン打ってるか打ってないか」と、ワクチンを疑う声もあります。また、「プロテインは危険です」と、プロテインの過剰摂取の危険を訴える声もあります。

北村克哉さんは、新日本プロレス時代には「ヤングライオン」と呼ばれ、最大の魅力は黒くてデカい筋肉だった事。当時から「ステロイド使用疑惑」があった事から、死因についてもステロイドの使用を疑う声が上がるのかもしれません。

また、「体調に異変を感じ、自ら救急車を呼んで病院へ」、「容体が急変した」などの状況から新型コロナワクチン接種による症状を疑う声も出ているようです。

ただ、北村克哉さんの死因は「不明」との情報しか出ていませんので、どれも憶測の域を越えません

情報が入りましたら、追記したいと思います。

ボディビルにおけるステロイド
アナボリックステロイドとはいわゆる筋肉増強剤で、筋肉がとてもつきやすくなる薬剤です。
男性ホルモンの働きを良くすることで筋肉の増強を促すため、摂取しただけでは筋肉は大きくなりませんが使わない人に比べ成長速度は格段に速くなり、限界を超えた筋肉量を手に入れることができます。
ただし、日本においてはドーピング剤としてかなり嫌悪されています。

調査したところ、北村克哉さんは過去にドーピング違反していた事実がありました。

次から見ていきましょう。

スポンサーリンク

北村克哉は過去にドーピング違反していた

北村克哉の死因2

北村克哉さんには、アマチュアレスリング選手時代ドーピング違反をした事実があります。

北村克哉選手がドーピング違反で2年間の出場停止処分へ

日本協会は6月13日、東京・岸記念体育会館内で記者会見し、日本アンチードーピング機構(JADA)から、男子グレコローマン96kg級の北村克哉選手(ドン・キホーテ)が、4月の全日本選抜選手権で優勝した際のドーピング検査で陽性を示したとの通知を受けたことを発表した。JADAの規定では、同大会の順位がはく奪され、陽性が確定した今年5月17日から2年間、資格停止処分となる。日本協会もこの決定に従う予定で、今月25日の理事会にて決定する。

引用元:日本レスリング協会公式サイト

2011年4月の全日本選抜選手権で優勝した際のドーピング検査で陽性を示した事により、2年間の資格停止処分を受けています。

この時の陽性反応について北村克哉さんは争わずに認めています。また、JADAは「意図的な服用ではないと推定される」と、北村克哉さんが「意図的なドーピングではない」との認識であるとしています。

北村選手は検査結果について争うことはなく、インターネットによる海外通販を含めて多種多様なサプリメントを大量に服用していたことを認めた。どのサプリメントに禁止薬物があったかなので特定はできないものの、その中の成分に含まれていた可能性が高い。JADAは「意図的な服用ではないと推定される」としている

引用元:日本レスリング協会公式サイト

JADA(日本アンチ・ドーピング機構)
公益財団法人日本アンチ・ドーピング機構(JADA)は2001年に設立された我が国におけるアンチ・ドーピング活動を推進する機関。JADAは,ドーピング防止対策・競技会及び競技会外ドーピング検査の実施,ドーピング検査員養成,アンチ・ドーピングに関する教育活動,アンチ・ドーピング活動に関わる情報の管理・収集・提供などについても活動を実施しています。(JADA公式HPより)

北村克哉さんの過去のドーピングは、意図的な服用ではなかったようです。ですが、2年間の資格停止処分という重い処分を受けてしまいました。

今回は、北村克哉さんの訃報ニュースについて、死因と過去のドーピングに注目してお伝えしました。

アマチュアレスリング選手」、「新日本プロレスのレスラー」、「ボディビルダー」と、場所を変え、活躍してきた北村克哉さん。36歳の早すぎる訃報に驚きを隠せません。

ご冥福をお祈りいたします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次