杉森務(ENEOS会長)の年収が凄い!CEO辞任で収入ゼロに?

スポンサーリンク

2022年8月12日、ENEOSホールディングスは、グループトップの杉森務さんが辞任したと発表しました。理由は、「一身上の都合」。杉森氏の突然の辞任に世間は驚きました。

ENEOSは、国内燃料油の販売で国内第1位の会社。杉森務さんは辞任してしまいましたが、CEOの時の年収がいくらだったか気になるところです。それに、今後の収入も気になりますね。

そこで今回は、ENEOSホールディングス会長(CEO)杉森務さんについて、

  • 年収が凄い
  • CEO辞任で収入ゼロに?

この2つに注目してお伝えしていきます。

それではさっそく本題に入っていきましょう。

スポンサーリンク
目次

杉森務(ENEOS会長)の年収が凄い

杉森務の年収1

杉森務さんは、2014年に『JX日鉱日石エネルギー』の代表取締役社長に就任してから、会社が経営統合を繰り返す中、社長を歴任してきました。そして2020年『ENEOSホールディングス』の代表取締役会長に就任しました。それと同じくして、『石油連盟』の会長にも就任しました。

歴代社長を務めてきた杉森務さんの年収は、およそ2億円です。(2020年推定)

杉森務の年収2
出典:IRBANK

上の画像は、『ENEOSホールディングス』の報酬額のデータです。自社の報酬だけで1億7900万円とは、凄い報酬額です…。その他の人の報酬額も負けず劣らず凄いですね。

杉森務さんは、それ以外にも『石油連盟』会長、『経団連』副会長など、社外役員も兼任しています。他の会社の社外取締役に就任している事も考えられますので、その役員報酬があるとすれば、恐らく2億円以上の年収があると思われます

ちなみに、『ENEOSホールディングス』の役員報酬の平均は、4321万円です。

杉森務の年収3
出典:IRBANK

これに、給料がプラスされての年収ではありますが、それを加味して比べてみても、凄い差があるのが分かります。

やはり、国内トップシェアを誇る会社の会長なので、年収も凄いですね!

スポンサーリンク

杉森務(ENEOS会長)|CEO辞任で収入ゼロに

杉森務の年収4

杉森務さんが高額の年収である事が分かりました。しかし、杉森務さんは突然の辞任で会社を去る事が発表されています。

出典:Twitter

報道では、『ENEOSホールディングス』CEOの退任だけでなく、『石油連盟』の会長などの外部の役職も辞任すると報じています。

ENEOSの広報担当によると、同氏は社内で別の役職で残ることもなく、石連会長を含め外部の役職も辞任する意向だという。

引用元:Yahoo!ニュース

会社だけでなく、外部の役職も辞任するので、杉森務さんの今後の収入はゼロとります。

しかし、2008年には執行役員になっていますので、今までの報酬は何億にものぼると予想できます。

もう働かなくても十分なお金を蓄えているのかもしれませんね。

今回は、突然の辞任を発表した『ENEOSホールディングス』CEOである杉森務さんの年収について調べてみました。

ENEOSグループを去る事になった杉森務さん。今後どんな活動をするのかにも注目です。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次